花ちゃんに「逃げろ」と言い、ゾンビとのバトル開始!

先ほど足元に転がってきた1丁の拳銃を秋山さんは拾い、親父さんに向かって「止まれ」と言いますが、
親父さんは全然止まってくれません。それどころか、先ほど襲われた警察官もゾンビになってしまいました。
感染力高いですね。しかも近くに居たもう1人の警察官も襲われてしまい、秋山さんと花ちゃんは絶体絶命になってしまいました。
すると、親父さんは2人のジリジリ近付いてきて、花ちゃんを見るなり襲ってきました。
確かに秋山さんよりも花ちゃんのが美味しそうですが、失礼ですよね。

秋山さんは、花ちゃんに「逃げろ」と言い、花ちゃんは走って逃げていきました。

逃げる花ちゃん
秋山さんも神室劇場の地下へ逃げ込んだのですが、シャッターが下りていて行き止まりに。

後ろからは親父さんの他にゾンビになってしまった数人の方々がやってきて、
ここで初めてのバトルに関するチュートリアルが入りました。ムービー長かったです。やっとバトルになりました。

「龍が如くOF THE END」はTPS(Third Person shooter)というバトルシステムになっており、
主人公を追う第三者視点でバトルが繰り広げられます。なので、酔う心配がないので助かります。
FPSですと、旦那が酔ってしまうので。

待ちに待ったバトルだったのですが、あっけなく終了です。うーむ、もう少し見ていたかった。
ですが、旦那が「これからたくさんゾンビが出てくるから、逆に見飽きちゃうよ。」と教えてくれました。
そんなにいっぱいゾンビが出てくるのですか!乞うご期待ですね。

親父さん撃破

ゾンビを全滅させると、花ちゃんが秋山さんを心配して戻って来てくれました。優しいですね。

混乱している2人は、一旦集金を諦め、「スカイファイナンス」の事務所に戻ることにしました。階段を上り、
外へ出ると、ビルの前に1台のパトカーと大勢の人だかりが出来ていました。そこにはゾンビの姿もありません。
ビルに入っていった怪しい男性は何処へ行ってしまったのでしょうか。気になりますね。

「ボルケーノ」の横を通り抜け、「スカイファイナンス」へ向かいます。

到着すると、花ちゃんが「今日はここに泊まっていきます。秋山さんが心配だから。」と仰るではありませんか。
確かに、あんな怖い出来事が起こった後ですから1人でいるのは怖いでけど…。素直じゃない花ちゃん、可愛いですね。

秋山さんは「良い秘書を持ったな。」と言いました。その後の花ちゃんの一言が「襲わないでくださいよ。」だったのですが、
不覚にもくすりと笑ってしまいました。ごめんね花ちゃん。